「東京フィルハーモニー交響楽団」プログラムに

「超新星の肖像」(A・バッティストーニの紹介)

を書きました。