プラハ国立歌劇場「椿姫」プログラムに

作品解説と、エッセイ「二人のトラヴィアータとその後」を寄稿