新国立劇場公演「蝶々夫人」プログラムに

「作品ノート」とエッセイ「プッチーニ・ヒロインの背景」を執筆